私は不倫は絶対にダメだとずっと思っていました。
なので、まさか人妻の自分が不倫の恋にはまってしまうなんて思いもしませんでした。

 

私が好きになったのは、私の働いている職場に研修に来たときに年下の男性です。
一週間の研修で、同じ系列会社から、私の働いている部署でやっている新しい取り組みを勉強しに来ていました。
その男性との出会いは、彼の案内役として、私が一週間彼について一緒に仕事をすることになりました。
とても真面目で勉強熱心な彼の姿は、とてもさわやかで素敵な男の子だなと思っていました。
とは言え、8歳も年下だし、私は人妻なので恋愛対象になることはないと思っていました。

 

そして研修を終えて彼の最終日、私の部署の何人かで研修お疲れ様会をしようということになり、居酒屋で飲むことになりました。
おお盛り上がりして帰る時に、私は車で通勤しているので彼ともう1人を送ることになりました。
まずは、会社から近い所に住んでいる人を送り、それから彼を駅まで送ることにしました。
すると、彼が仕事でまた聞きたいことがあるかもしれないから、携帯番号を交換しようと言われて交換しました。
それから、駅までの道を彼と楽しく話をしながら送りその場はそれで別れたのですが、自宅に帰ってから彼のカバンが車に置いてあるのに気が付いて、翌日仕事が休みなので届けに行くことにしました。

 

彼の住んでいる駅までカバンを届けて別れるつもりが、せっかくだからランチをおごってくれると言うので一緒にお洒落なイタリアンのお店でランチをしました。
その後も、彼がカラオケに行きたいと言っていたので、夫もどうせ友人と遊びに行って自宅にはいないしと思いそのまま出かけました。
そして、カラオケ店でキスをされ、抑えていた人妻の私の体にも火が付き、そのままホテルへ直行してエッチしてしまいました。
そうなるのを正直予感していたので、人妻の私もちょっと可愛いワンピースを着て行ったし、下着も華やかなものを選んでいました。
彼も、人妻の私とそうなりたいと思って、わざとカバンを忘れたと言ってくれました。

 

不倫はいけないことだと分かっていますが、彼と会うのをもう抑えられません。
仕事にかこつけて、なんだかんだで週に1度は彼と会っています。
でも、彼から夫と別れて欲しいと言う話は一切でないので、彼にとってはただの火遊びなのかもしれません。
そう思うと、人妻の私も彼に本心を聞く勇気がなくて、そのまま体の関係を続けています。